夜食はやめて朝食をたくさん食べよう!

夜更かしをするとついつい夜食を食べてしまいます。

受験勉強やテレビゲームなどで最近は夜更かしするこどもが増え、夜食が習慣化しているひともいます。

子供の成長に重要なのは成長ホルモンです。

しかし、夜食を食べることによって成長ホルモンの分泌が下がります。

夜食が習慣化してしますと身長の伸びが悪くなってしまう可能性があります。

なぜなら成長ホルモンの分泌は、血糖値と関係しているからです。

血糖値とは、血液中の糖分の濃度のことです。

成長ホルモンを十分に分泌させるには、血糖値をある程度下げなければいけません。

夜食に炭水化物、糖質を含むもの、アイス、ジュースなどを食べると血糖値が上がり成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

夜食を食べたひと食べていない日では、成長ホルモンの分泌に明らかに違いがあります。

身長サイト

 

●夜食をとりたいときのコツ

夜型生活、夜食が続いた場合はなかなか夜食をやめることが難しいこともあります。

お腹がすいて寝れないということもあると思います。

そういうときは、炭水化物や糖質を含まない食べ物を食べましょう。

卵、チーズ、豆類、牛乳など血糖値が上がりにくい食品を選ぶことが大切です。

 
●夜食より朝食のほうが大切です

食事のとり方も重要なのです。

大人の場合は、朝食を軽めにして、昼食、夕食を多めにする場合があります。

しかし、子供の場合は朝、昼、夕と同等の量の食事をする必要があります。

子供は体は小さいですが、成長するためにたくさんの栄養とエネルギーを必要としているのです。

タンパク質、カルシウムなども朝食を抜いたり、軽くすませたりすると1日に必要な摂取量をロスするのです。

特に思春期のひとは、タンパク質を1日80gも摂らないといけないのです。

どうしても朝食がたくさん食べれない場合は、プロテインや栄養補助食品を使うのも効果的です。

夜食はやめ朝食をしっかり食べることでより生活リズムも整うのです。

そのほうがお腹がすいて目覚めるため、朝食をたくさん食べることもできます。

夜型の生活をやめ、朝方の生活をすることが大切です。

プロテインはこちら!

栄養補助食品はこちら!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>