身長を伸ばす方法まとめ。これだけは知ってもらいたい。

身長を伸ばす方法をこれまで紹介してきました。

医学的観点から、身長を伸ばす方法についてアプローチしている書籍を、

たくさん読んできました。

その中でも、どこにも共通していることをまとめてゆきたいと思います!

 

●遺伝説

これは、かなり有力な説とされてきました。

たしかに、長身遺伝子をもつ家系などはあるようです。

しかし、遺伝が全てかと言われれば・・・

そうとも言い切れない節がたくさんあります。

僕の周りには、親が長身でも背が低い人、

親が低身長でも高身長な人などがいます。

親の身長はたしかに、子供の身長にある程度影響しやすいです。

しかし、例外もたくさんあります。

隔世遺伝という説もありますね。

隔世遺伝とは、祖父母の身長が孫に遺伝したり、

親戚に遺伝したりする現象です。

しかし、背の高い祖父母の兄弟や親は背が低いということもあるようで・・・

やはりこれも謎が多いです。

遺伝はある程度くらいのものでしかないように考察しました。

 

●思春期の時期も関係する

思春期の時期とは、第二次性徴期の時期に訪れます。

男子であれば声変わり、女子であれば胸が膨らむなどの変化があります。

思春期には、だれもが身長が一気に伸びるのです。

性ホルモンの分泌が影響しているからです。

しかし、それ以降徐々に身長が止まってゆきます。

性ホルモンは、思春期に一時的に身長を伸ばす効果がありますが、

それ以降は、体を成熟させ成長をとめてしまします。

なので、思春期が遅いひとほど、身長が伸び続くのです。

小学校高学年の頃は、身長が高かったものの、

中学校くらいから、どんどん抜かされたというひともいます。

そういうひとは、思春期が早く訪れたため成長のラストスパートが早かったのです。

よって止まるのも早かったという感じです。

子供の時に身長が高くても、思春期が早く来れば、

最終的に、平均身長、それ以下になってしまうこともあります。

子供の時に身長が高く、思春期も遅ければ最も身長は大きくなるでしょう。

 

 

●栄養

栄養は、身長や体の発育に影響する大きな要素です。

成長期に満足な栄養を摂取できなかった場合、

発育が遅れるということがあります。

現代社会では、そういうことは希ですが、

戦後の日本ではそういう状況がありました。

 

栄養は、全てが重要です。

ビタミン、ミネラル、タンパク質などなどです。

どれも不足してはいけませんが、

特に重要なのは、アルギニン、亜鉛、ビタミンC、ビタミンB郡です。

これらは、身長を伸ばすために欠かせない成長ホルモンの原料になっています。

身長を伸ばしたい場合は、これらを継続的に不足しないように摂取する必要があります。

これらが含まれている食材を摂取することを意識してみましょう!

 

アルギニン→鶏の胸肉、牛のモモ肉

亜鉛→カキ、ピーナッツ、チーズ

ビタミンC→レモン、ピーマン、パプリカ

ビタミンB郡→牛乳、卵、バナナ

 

また、食事からの摂取では足りない場合は、サプリメントで補うのも効果的です!

もちろん、これ以外のビタミンミネラルも大切なのでお忘れなく。

緑黄色野菜を食べると、ビタミンはバランスよく摂取できます。

 

また、これプラス、軟骨成分を含む食材を摂取すると尚効果的です。

魚由来コラーゲンなどは、関節を作る材料になります。

アルギニンはこちら!

亜鉛はこちら!

軟骨サプリメントはこちら!

 

 

●ストレスは良くない

ストレスは、身長の伸びと関係がないのではと思いがちです。

実は関係あるのです。

ストレスにより、脳下垂体に負担が掛かり、成長ホルモン分泌が悪くなることがあるようです。

成長期にあたる13歳~15歳は、学校、部活動、テスト、人間関係、親子関係などストレスが増えやすい時期です。

成長期に、長期にわたりストレスが続くと、結果身長があまり伸びずに止まってしまうことがあるかもしれません。

身長が伸びなかったというひとは、成長期に心労を抱えたまま日々を過ごしたひともいるはずです。

イライラや不満は成長の大敵です。

精神的不満は溜め込まないように過ごしましょう。

どうしても精神的負担がかかる状況であれば、

周りの環境を変えることも止む負えません。

 

イライラ対策、プレッシャー対策には、テアニン、イチョウ葉などのサプリメントが良いです。

イチョウ葉エキスはこちら!

テアニンはこちら!

 

また身長が伸びないことで悩むのもよくありません。

身長が伸びるための努力を行い、楽しみながら過ごしましょう。

ある程度楽観的であることと、ノンビリしていることが身長の伸びに良いのです。

 

 

●筋トレはある程度OK

筋トレすると身長の伸びに悪いと言われがちです。

たしかに、激しい筋トレは良くないのです。

しかし、軽い腹筋、背筋、くらいであれば逆に効果的です。

むしろ、成長ホルモンを促します。

腹筋、背筋、腕立て伏せくらいであれば、筋トレの部類には入りません。

トレーニングマシン、ベンチプレスを使った高負荷なトレーニングは良くないでしょう。

しかし、それでも適度な重量であれば悪くはないでしょうね。

筋トレにかかわらず、気張るような、激しいトレーニングを、

毎日絶え間なく行うのは良くないでしょう。

毎日続けられるくらいの強度の運動が良いです。

もし、激しい運動をして体がだるくなったら、

次の日は休むようにしたほうが良いです。

エネルギーの消費量が激しい運動は良くないです。

筋トレだけでなく、マラソン、水泳などもやりすぎはよくありません。

たくさん体を動かした日は、かならず栄養を十分に摂取し、十分な睡眠が必要です。

ちなみに、アルギニンは疲労回復にも効果があり、体の修復を促します。

 

 

●夜更かしはやめよう!

夜更かしは身長の大敵です。

一番成長ホルモンが分泌される時間を無駄にしてしまいます。

特に成長期は、夜10時には寝るようにしましょう!

できれば9時が良いです。

スマホ、パソコンはできれば夕方以降は見ないほうがよいです。

寝る前は、何も考えずリラックスして過ごしましょう。

悩み事は、明日の朝になってから考えるようにしましょう。

 

以上がまとめになります。

身長を伸ばすために最も大切なことを集めてみました。

またこのサイトをじっくり見てもらいたいですが、

とりあえず、ここで紹介したことを意識すれば、身長にはプラスになることばかりです。

是非とも参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>