身長が伸びる食べ物ランキング

身長が伸ばびるために、2つの重要な栄養分があります。

 

ひとつは、
身長を伸ばす上での一番大事な栄養素としては、
タンパク質・亜鉛・ビタミンCがあげられます。

 

これらは、骨を伸ばすために欠かせない栄養になります。

 

 

 

そして、次に、
伸びた骨を強くする、固めるために必要な栄養素として、
カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・ビタミンKが必要なのです。

 

ただ、これら栄養分を体内に
十分に吸収できる体質ではない
現在人が多くなっているきているといわれています。

 

参考になるのは下の記事のこの部分
⇒この記事の『食品会社が仕組んだ罠』の部分を参考にしてみてください。

 

 

その前に、これら栄養素を含んでいるのは、
どのような食べ物から摂れるのか紹介します。

 

 

 

まず、

 

タンパク質

タンパク質は人体を構成し、
骨が成長する毎日の新陳代謝には欠かせない、第一に必要な栄養素です。

 

つまり、タンパク質は人体をつくっているすべての土台の元なのです。

 

そのタンパク質が含まれている食材はは、
おもに肉・魚介類・卵・大豆・乳製品に
良質なものが多く含まれています。

 

 

亜鉛

亜鉛は、成長ホルモンの分泌にかかわっているミネラルです。
亜鉛は、牛肉やレバー、魚介類、大豆などに多く、
タンパク質が多い食べ物と共通しています。

 

ビタミンC

ビタミンCは、タンパク質や亜鉛の吸収をよくします。
ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれています。

 

 

カルシウム

カルシウムは骨の形成には不可欠な栄養素で
体内においてのカルシウムの99%は骨・歯に含まれ、残り1%は血液などに存在します。

 

体重の1〜2%の重さで体の中に存在しており
人体に含まれるミネラルの中では、一番量が多い
成分だと言えるでしょう。

 

カルシウムの多い食品は、
乳製品や小魚・大豆・野菜・海藻になります。

 

 

マグネシウム

マグネシウムは骨や歯の形成・柔軟性・弾力性を高めて骨折しにくくさせるほか、
神経の興奮を抑えたり、酵素の活性化などなど、
多方面にわたる働きをする栄養素です。

 

欠乏すると骨の形成に影響を与えたり
筋肉の収縮がうまくいかずに力が入らなかったり、
イライラや情緒不安定を引き起こしたりします。

 

本来、多くとっても排出されるのですが、
腎臓の機能が低下していると排出が
うまくいかなくなるので注意が必要です。

 

カルシウムの豊富な食品には、
おおむねマグネシウムも豊富なことが多いです。

 

比較的に手軽に摂れるのは、バナナやココアですかね。

 

 

ビタミンD

ビタミンDというのは、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きをしています。

 

カルシウムは骨や歯を作るためのミネラルであることはご存じのとおり。

 

リンはカルシウムと共に骨格を形成したり、
エネルギーや脂質の代謝において重要な役割を担ったりするミネラルです。

 

ビタミンDが欠乏すると、腸管からのカルシウム吸収の低下と
腎臓でのカルシウム再吸収が低下し、カルシウムが不足して
低カルシウム血症になります。

 

妊婦や授乳婦では骨軟化症になって、
小児の場合だと骨の成長障害が起こって、姿勢がひどくなったり、
足の骨が曲がったり、くる病になったりします。

 

ビタミンDは、魚やきのこを取り入れれば簡単に必要量が摂取できます。

 

 

ビタミンK

ビタミンKは、カルシウムの骨の形成を促進して、
骨に対して沈着を促して骨吸収(骨が破壊される)のを
抑える作用します。

 

また、コラーゲン生成を促進し骨質を改善します。

 

 

残念!現在人の腸内環境はかなりヤバいらしい

残念ながら、現在人の多くの人は腸が汚れています。

 

では、腸が汚れているとどのような影響があるのか?

 

それは、
どんなに栄養価の高い食べ物を食べても
その食べ物からの栄養素を
体内に吸収させるのが乏しくなるのです。

 

 

身長を伸ばすために栄養を
食事から一生懸命に摂取しようと日々頑張っても
肝心の腸内が汚れていては
これでは全く吸収されないので意味がありません。

 

その汚れた腸内を綺麗にして
栄養を無駄なく効果的に吸収できるようになるヒントが
下にて公開されていますので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

身長が伸びる栄養素を効率よく吸収する方法とは