身長が伸びる仕組みから伸びしろを考える

身長が伸びる 仕組みとは?

 

 

簡単に言うならば、

 

 

それは、

 

骨が伸びるからです。

 

 

 

では、骨が伸びる仕組みとは、

 

 

骨には、1本1本の両端に
「骨端線」というやわらかい軟骨部分があります。

 

 

骨が伸びる現象は、
この軟骨部分が大きくなるからなのです。

 

 

やわらかい軟骨の先は、成長したところから
順に硬くなっていきます。

 

 

そして、やがて骨になるのです。

 

 

この仕組みを繰り返すことで
骨が大きくなっていくのです。

 

 

つまり、骨が大きくなって、身長が伸びているのです。

 

 

ただ、この軟骨部分の骨端線は
大人になると硬くなり成長が止まってしまいます。

 

 

つまり成長期を過ぎると骨は、
もうそれ以上に長くなることはありませんので、
身長の伸びも止まります。

 

 

背を伸ばすのは、この骨端線が、
やわらかい成長期のうちに、
いかに骨を伸ばす環境を整えてあげるかによって
将来の身長が決まるのです。

 

 

ただ、人生の中で、
身長を伸ばせる時期はかなり限られています。

 

 

では、成長期を過ぎた大人には、
背を伸ばせる可能性があるのでしょうか。

大人でも身長を伸ばせる可能性がある!

必見!身長を伸ばす方法。
大人でも背が伸びた体験談と伸ばせる秘訣が公開されています。
興味のある方は下からご覧ください。