身長を伸ばす手術は日本でもできるのでしょうか?

身長を伸ばす手術が、
日本でも行われているのかを
調べたところ……。

 

 

わずかですが、身長を伸ばす手術をしている、
クリニックが日本でもあります。

 

 

術式は骨延長手術による方法で、
イリザロフ法という手術がおもに行われているようですが……。

 

 

日本の場合、
基礎的な病気での低身長に対する治療には、
保険適用で受診できますので、比較的、少額で治療が受けられます。

 

 

ですが、美容的に骨延長術を行う際は、
保険診療の適用になりません。

 

つまり、見た目の容姿をよくする目的のために
身長を伸ばす治療に伴う費用は
全額自己負担となります。

 

 

その場合、日本国内での手術にかかる費用は、
およそ1,000万円以上もの高額治療になるようです。

 

 

イリザロフ法はどのような手術なのか

 

ところで、
イリザロフ法とは、どのような手術なのでしょうか。

 

 

身長を伸ばす手術のイリザロフ法は、

 

まず、両足の頸部にノコギリを差し込み、
1センチ程度切開をして骨を切り離します。

 

次に、ピンを骨に通して金属製のフレームに固定して、
切断した骨の間隔をジワジワと開き、
その隙間に新しい骨ができるのを待ち受けるという術式です。

 

手術の所用時間は1時間半とか。

 

 

なんだか、かなり過酷な手術のようですが……。

 

それゆえに、注意すべき点があります。

 

 

イリザロフ法手術の5つの注意点

 

イリザロフ法手術には、
次のような注意点があるようです。

 

 

注意点その1.治療期間が長い

特に、リハビリの期間が非常に長いこと。

 

1年間ぐらいは、しっかりとリハビリをする
必要があるということです。

 

さらに、走ったりジャンプするような身体的パフォーマンスを
上げていくとなると、かなり長期的なリハビリが
必要になってくると考えられます。

 

そのリハビリもかなり辛く、体力もかなり消耗するとか。

 

 

注意点その2.痛み

なんといっても痛みが凄い!らしい。

 

イリザロフ法で脚を延長する時、
骨だけでなく神経、筋肉、腱も一緒に延長されるので、
そのときの痛みがハンパではないようです。

 

 

注意点その3.後遺症

後遺症リスクがあります。

 

人によっては術後の後遺症で足が遅くなったり、
正座が困難になったりすることも。

 

また、骨の伸びにより筋肉や腱が引っ張られ固まり
歩けなくなってしまう可能性もある。

 

足首が固まり、かかとが地面に着かないという合併症も。

 

 

注意点その4.失敗

手術の失敗

 

イリザロフ法は海外では、
盛んに行われているようですが、
失敗例も多いようです。

 

たとえば、
骨が曲がり正常に歩けなくなるケース。

 

ピン刺入部の感染により骨にまで感染し
骨髄炎という状態になってしまい、
一生その病気で悩まれる患者もいるといわれています。

 

 

注意点その5.費用

高額費用

 

海外では、500万円〜で、手術を受けられるそうですが、
日本国内では、1,000万円以上かかります。

 

 

 

このように、身長を伸ばす手術を受けるには、
かなり高額の費用と、苦痛、長い期間に渡る
不自由な日常生活などがしいられます。

 

過酷な手術だけあって、
欧米のある病院では、手術を希望している患者には
精神鑑定も必須にしているところもあるとか……。

 

その結果、最終的に手術に至るまでの患者は
およそ一割ほどだと言われていました。

 

 

このように、身長を伸ばす手術は、
金銭面や身体面、メンタル面に、
かなりの負担がしいられるようですね。

 

 

でも、そんな大きなリスクを背負わなくても
身長を伸ばせる可能性がある方法を紹介している記事があります。

 

詳しくは下をクリック(タップ)してご覧ください。
⇒リスクはゼロ!背が伸ばせたという記事はココから