身長が止まるサインと時期

身長の伸びは、思春期の体の変化から
一般的に2〜3年程度で止まるとされています。

 

思春期のカラダの変化として、具体的サインとしては、
男子であれば、
ひげや脇毛など体毛が濃くなることや声変わりが目安です。

 

女子であれば胸の膨らみや体が丸くなることなど。

 

これらのサインから数年後には
身長の伸びがストップするのが一般的です。

 

平均的には、男女とも18歳頃には
身長の伸びは止まるとされています。

 

背が伸びる変化をみる!男子限定

 

身長が驚くほど伸びる時期を思春期の
「成長スパート」と呼んでいます。

 

このピークの時期を越えると
成長速度はゆるやかになり、
身長の伸びは鈍化すると考えられています。

 

男の子では、個人差があるのですが、
早い男の子で9歳、
平均的に11歳で伸びはじめ、13歳ごろにピークを迎えます。

 

この期間で、身長は10cm〜12cmほど伸びる可能性があります。

 

ただ、例外も……。

 

男子場合、 高校生や大学生になっても
身長が伸び続けることは珍しくありません。

 

なかには、30代でも伸びた例もあります。

 

背が伸びる流れを見る!女子限定

 

女の子の場合は、思春期の来るのが男の子よりも早くて、
おおむね年齢が10歳前後に来るのが一般的です。

 

そして、思春期になった後の2年間で
約7〜8 cm のペースで伸び、
その後の3年間で、だんだんと伸びが減っ ていき
15歳半前後には身長の伸びが止まるのが平均的です。

 

ただ、女性の場合でも、20代でも伸びる例外はあります。

 

 

現実では、医学的な見識よりも、
例外のような奇跡?のように
身長を伸ばせる可能性は誰にだってあります。

 

じじつ、下から読める記事には、
成長期を過ぎた大人でも身長が伸びた人の声が
紹介されています。

 

あなたに、まだまだ身長を伸ばしたいと言う思いがあるのでしたら
一度、参考にしてみてはどうでしょうか。

 

身長を伸ばせるヒントが掴めるかもしれませんよ。
⇒成長期を過ぎた大人でも身長が伸びたと言う声の掲載記事はココから