身長の伸び方タイプがわかれば伸ばせる可能性がさらに高まる!

身長の伸び方には、個人差がありますが、
おおむね2つの伸び方のタイプがあることがわかっています。

 

 

その、

 

伸び方のタイプとは……。

 

大きくわけて
「早熟タイプ」

 

 

「晩熟タイプ」
の2種類の伸び方のタイプがあります。

 

理論上、このタイプの伸び方を知り、
伸びやすい時期に、適切な身長を伸ばす方法を
取り入れることで、身長がより伸びやすくなると考えられます。

 

ただし、このタイプは成長期段階の子供に当てはまりますので、
成長期を過ぎた大人には関係ありませんが……。

 

 

ですが、

 

後ほど、

 

お伝えします方法を取り入れることで、
大人でも伸ばせます。

 

また、

 

子供の場合に取り入れることで
より伸びやすくなるでしょう。

 

 

では、

 

それぞれのタイプの特徴を述べると、

 

 

身長が伸びる2つのタイプの特徴

 

 

一般に、

 

年齢が低い間に、
身長の伸びが終了してしまうのが
「早熟タイプ」です。

 

 

この早熟タイプに対して、
思春期の終了する時期が遅い……、

 

つまり二次成長期が周囲の子たちよりも遅くに
身長が伸び終える場合を
「晩熟タイプ」と呼ばれています。

 

 

一般的に、

 

9〜11歳頃に身長が最も伸びて、
14歳ごろまでを目安に成長がストップしてしまうのが、
「早熟タイプ」だといわれています。

 

 

また、「早熟タイプ」は中学卒業以後には、
身長が、ほとんど伸びない傾向がみられます。

 

 

逆に、中学校の後半ぐらいに
身長が最も伸びるのが「晩熟タイプ」です。

 

晩熟タイプは15〜18歳ごろに
身長が伸びるピークが来ると言われています。

 

 

 

タイプの判断は容易ではない

 

早熟・晩熟も含めた子どもの発達タイプは、
いろいろな特性や成長の仕方に個人差がありますので、
そうやすやすと、簡単に決めつけることはできません。

 

なかには、
高校生になってからも身長が
伸び続ける子どももいますからね。

 

 

とくに、出生前や出産時の状況。

 

その後の生活習慣で変わるので、
発達の経過状況などを総合的にとらえて、
判断していかなければなりません。

 

 

最も簡単な判断基準としては、
身長をこまめに測り続けて、
伸び率が大きくなってきたら
思春期に入ったと判断してもいいでしょう。

 

 

目安としては、年に8〜9p伸びていたら
身長が伸びるピークのタイミング。

 

つまり「成長スパート」と考えてもよいでしょう。

 

スポーツ健康科学の専門家によると
成長スパートに合わせて栄養や運動、
睡眠などをしっかりとれば、
予測身長プラス4cmは目指せるそうです。

 

⇒予測身長がわかる方法はココをご覧ください。

 

 

ただ、やはり成長期を過ぎると
身長が伸びる可能性はかなり厳しいです。

 

 

ですが、成長期を過ぎた大人のあなたでも
あと1p以上は伸ばすことは可能です。

 

その秘策のヒントは下からご覧いただける記事が参考になります。

 

⇒成長期を過ぎた大人でも身長を伸ばせる記事はココから