身長を伸ばす方法として役立つ食べ物はこれだ!

身長を伸ばすためには、
日々の食べ物から摂る栄養が重要であることは
言うまでもありません。

 

 

では、身長を伸ばす方法として、
どのような食べ物を摂れば身長が伸びるのでしょうか。

 

 

 

近年では、身長が伸びるためには、
亜鉛やタンパク質、ビタミンなどの
様々な栄養素が関連していることがわかっています。

 

 

では、どのような食べ物から
身長を伸ばすのに作用する栄養が摂れるのでしょうか?

 

身長を伸ばすのに最適な食べ物から栄養素を補給する!

 

 

背を伸ばすために
特化した栄養素が摂れる食べ物を紹介します。

 

 

まずは、

 

亜鉛

 

 

亜鉛は、身長を伸ばすための細胞の生成に作用します。

 

 

亜鉛が含まれる食べ物としては、
牡蠣、ごま、豚レバー、牛もも肉、大豆、高野豆腐、納豆、玄米、
するめ、とうもろこし、アーモンド、チーズ、松の実などがあります。

 

 

ただ、この中でも牡蠣には亜鉛が豊富に含まれていて良いのですが、
過剰摂取にならないように気をつける必要があります。

 

 

つぎに、

 

タンパク質

 

 

タンパク質は、
身長を伸ばすのに欠かせない
成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

 

タンパク質が豊富に含まれる食べ物としては、
牛乳、牛肉、豚肉、鶏肉、大豆、豆腐、納豆、豆乳、チーズ、魚、卵などに多く含まれています。

 

 

カルシウム

 

カルシウムは、ご存知の通り、
身長を伸ばす為に必要な栄養成分として、
一番有名な栄養成分です。

 

 

ただ、カルシウムは、
日本人が不足しがちな栄養成分のひとつでもあります。

 

 

カルシウムが、豊富に含まれる食べ物としては、
牛乳、チーズ、ヨーグルト、ひじき、ゴマ、にぼし、干しエビ、あじ、いわし、厚揚げ、豆腐、モロヘイヤ、小松菜、菜の花など

 

 

 

マグネシウム

 

マグネシウムはカルシウムを吸収する時に使われます。

 

マグネシウムが豊富に含まれる食べ物としては、
玄米、さつまいも、じゃがいも、ゴマ、アーモンド、くるみ、えんどう豆、納豆、わかめ、ひじき、バナナなどがあります。

 

クエン酸

 

クエン酸もカルシウムの吸収を助ける栄養素です。

 

クエン酸が豊富に含まれる食べ物としては、
レモンなどの柑橘類、梅干し、キウイフルーツ、桃、パイナップル、イチゴ、メロン、西洋梨などがあります。

 

ビタミンD

 

ビタミンDは、
血液中のカルシウムを骨に運ぶのサポートし
カルシウムの骨作りを助けます。

 

ビタミンDが豊富に含まれる食べ物としては、
まぐろ、すじこ、さけ、かつお、ほししいたけ、しめじ、まいたけなどがあります。

 

アルギニン

 

アルギニンは、
成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われるアミノ酸です。

 

 

アルギニンが豊富に含まれる食べ物としては、
牛乳、高野豆腐、大豆、油揚げ、納豆、味噌、肉類、エビ、カニ、貝類、カツオ、マグロ、ごま、チョコレート、きゅうり、落花生、レーズン、玄米などです。

 

おおむね、これらが、
身長を伸ばすのに欠かせない栄養素です。

 

成長期を過ぎた大人でも身長を伸ばすには、
これらの栄養素が必要なのは言うまでもありませんが、
大人の場合、吸収率を高める方法が必要になります。

 

その方法のカギが下の記事に紹介されています。
⇒食べ物の栄養を効率よく吸収するための紹介記事はココから